あいちトリエンナーレ2019豊田会場 参加アーティスト

​トモトシ

​会場・作品についてはこちら

今回、あいちトリエンナーレのトモトシさんの作品はとよトリ隊に届いたメールから始まる。

「豊田市のみなさま、はじめまして。

今年の8月からスタートする「あいちトリエンナーレ2019」出展作家のトモトシです。

ぼくは豊田市駅のすぐ下の会場で作品を発表します。

突然ですが、先日、作品を作るため会場の土を掘り起こしていたところ、とても古びた食器らしきものの断片を発見しました。

 

「ここに何か埋まっているかもしれない。」

 

ぼくは直感でそう強く感じました。

しかし、豊田市によると、これは遺跡ではないとのことでした。

 

そこで、まだ諦めきれないぼくのこの身勝手な思い込みを晴らす手助けをしてくれる豊田市民の方を募集いたします。当日、万が一のために、考古学の専門家の方をお呼びして土掘りの仕方をレクチャーしてもらいながらすすめます。

なお、土掘りのプロセスは映像記録として撮影し、あいちトリエンナーレでその様子を展示させていただく予定です。以下の趣旨をご理解いただける方、心よりお待ちしております。」

 トモトシさんはその場と人々を観察するアーティストだ。

 

その場にいる人々を通してその場のもつ公共性の不思議なひずみを映像にする。

今回、展示会場にて事前に発掘ワークショップを行い、それを映像化することによって豊田ならではの「ひずみ」がどのように浮かび上がってくるのか。

 

いつも見るものがクスッと笑ってしまうような、トモトシさんならではのシニカルな作品から目が離せない!

トモトシ 1983年山口県生まれ  東京都拠点

​http://tomotosi.com/

とよた市民アートプロジェクト推進協議会事務局〒471-8501 豊田市西町3-60 豊田市役所南庁舎2階 豊田市生涯活躍部文化振興課内

Tel:0565-34-6631 Email:info@toyotaartprogram.jp