THIS MONTH FEATURE

​今月の特集

​​今月はFOR THE FUTURE 特集です!

​グローバルなイベントが盛りだくさんだった2019年。新しくあけた2020年はそんな夏を振り返ってどんな年にしたいのか?未来のとよたはどんな風になったら楽しい?そんなあれこれを​豊田に在住する皆さんに伺ってきました!

​そして昨年11月におこなわれたパネルトーク「あいちトリエンナーレがまちに残したもの」についての様子を大公開!

​さらに2023年に開館が予定されている豊田の新しい博物館について、豊田市新博物館基本計画策定委員会委員長の南山大学 黒澤教授にお話を伺います。

TALK SHOW

対談動画

対談動画バックナンバー

​​今回ご協力いただいたみなさま ありがとうございました!(下線部をクリックするとHPにとびます!)

 ●Kabo. (かぼ)さん: 竹生町のゲストハウス。人が集まる、繋がる、笑顔になる空間

〒471-0077豊田市竹生町2-4-22 営業時間10:00~19:00 定休日毎週水曜日

●大悟さん:トリエンナーレを盛り上げてくれた、挙母祭りとBBQを愛するまちのお兄さん!

豊田中央社労士FP事務所 〒471-0024 豊田市元城町3-48

●Kevin’s Bar のマスターとママさん:豊田市駅下のグローバル居酒屋。去年はラグビーの選手が押しかけたとか!!

Kevin's Bar:豊田市若宮町1-34

かもめ堂さん:老舗の画材やさん。豊田の美術系学生の行きつけ!みんなお世話になってます〜

豊田市喜多町4丁目25-5

Risoさん:西町にあるパン屋さん。パンダパンがかわいい。そしてもちろん美味しい!

豊田市 西町 2-8 CONTENTS nisimachi

マツザワクリーニングさん:うさぎのマークが目印のクリーニング屋さん。うさぎはお店の旦那さんのデザインらしいよ〜

マツザワクリーニング 豊田市桜町1丁目55

 ●武藤 勇  美術家

自分たちで見たいアートを見るための活動としてN-markを発足。2010年~2012年アートラボあいち運営・ディレクション、あいちトリエンナーレサポーターズクラブ事務局(2010年)。2012年より長者町トランジットビル企画・運営。あいちトリエンナーレ2019と合わせて長者町アートファーミングを開催。

 

鈴木 正義 ギャラリスト Masayoshi Suzuki Gallery 代表。

 

徳川家康のふるさと岡崎市康生町という歴史ある城下町で、西三河では唯一の現代美術のコマーシャルギャラリーを経営。2013年、2016年の岡崎会場では岡崎アートコミュニティ推進協議会メンバーとして市民活動をサポート。その後も現地の現代アート文化振興に携わる。

黒野 有一郎 建築家 sebone実行委員長。大豊商店街(大豊協同組合)代表理事。

 

あいちトリエンナーレ2016の豊橋会場となったsebone(豊橋駅の駅南エリアに建つ水上ビルを中心とするアートイベント)の中心的人物で自治体・行政と連携したアートによるまちづくりを展開している。

山城 大督  美術家・映像作家

 

アーティストユニット Nadegata Instant Partyとして2013年のあいちトリエンナーレへの参加をきっかけに名古屋に移住。その後2017年からとよた市民アートプロジェクトのRecastingClubのディレクションに携わる。

© 2019 Toyota Art Program

Proudly created with Wix.com

とよた市民アートプロジェクト推進協議会事務局〒471-8501 豊田市西町3-60 豊田市役所南庁舎2階 豊田市生涯活躍部文化振興課内

Tel:0565-34-6631 Email:info@toyotaartprogram.jp

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon