​逸見 ルチカ

TAP 豊田市で活動することに対しての思いはありますか?

 

-展覧会をすることが増えて、色々な人に絵を見てもらうことも増えました。私の絵を見た豊田市の方に優しい声をかけてもらったりもしました。豊田市での活動はそういう優しい人達への恩返しの思いもあります。

 

 

TAP今回の展示はコラージュや立体など色々な作品がありますね!特に思い出のある作品はありますか?

 

-乗っていた自転車がパンクしてしまったのがショックで、その時の自転車を作品にして今回展示しました。 あと小学3年の時のコンテストで「ぜったい入賞してやる!」と思って書いた作品が落ちちゃって…とても悔しかったです。その作品はすごく思い出があります。(ちなみにTAP MAGAZINE10月号 表紙の作品です!)

 

TAP 作品のキャプションが物語になっているものがありますね。どんなときに絵を描いていますか?

 

-普段からふと筆を持って絵を描きたくなります!ハッピーな気持ちのときが多いです。いろんな色を重ねたり、色を楽しんでるうちに、その絵のテーマだったり物語が生まれてきます。

 

TAP 絵を描くこと以外には、どんなことをして過ごしていますか? -

 

今は豊田市の山の中に暮らしていて、ゆったり過ごしています。庭で、パパがつくったブランコで遊んだりバスケをしたり。本を読むことも好きで、伝記漫画とか最近は小説にも挑戦しています。 でもやっぱり絵を描いてるときが一番多いです!

逸見ルチカ

2008年愛知県岡崎市生まれ

​豊田市旭地区在住

とよた市民アートプロジェクト推進協議会事務局〒471-8501 豊田市西町3-60 豊田市役所南庁舎2階 豊田市生涯活躍部文化振興課内

Tel:0565-34-6631 Email:info@toyotaartprogram.jp