Our History, My TOYOTA

kabo.(カボ)さん

TAP ートリエンナーレやW杯など様々なイベントがありましたが、街なかの雰囲気や様子など いかがでしたか?  

kabo.ーkabo.のイベントでもトリエンナーレツアーをやりました。でも一回しかできなかったんですよ(笑)もっとたくさん開催したかったです。

 

 ゲストハウスにいらっしゃるお客さんの中にはトリエンナーレ目的の方もいましたね。東京から若い男女がきてくれたり、県外の人も多かった。美術好きな方に、トリエンナーレやってますよ、って紹介したら皆さん行ってくれたり。お客さんの反応も良くて、楽しんでいる様子でした。

 

 

TAP ーこれからどんな豊田にしていきたいですか?  

 

kabo.ー個人的にはまちなかにミニシアターとか古本屋とか、超マイナーな文化が繰り広げられる場所がもっとできたらいいなと思います。ディープな街が好きなので(笑)

竹生町で昔、それぞれのお家の軒先に竹細工を置く、みたいなプロジェクトをやったことがあって。そういったことを現代のアーティストさんと絡ませて、いろんな新しいことを起こしていったら面白くなりそう。  

 

 街なかを何となく見ていると、竹生町の商店街は、昔ながらのお店とか路地がよく残っているんですよ。そのポテンシャルをぜひ活用したいです。ゲストハウスは、外から入ってくる人のまさにきっかけの場所なので、外の人と豊田との関わりを作っていけるようにしたいです。それが豊田市の魅力再発見や、「豊田はこれ!」って言えるような街の皆さんの誇りに繋がればいいなと思います。

kabo.(かぼ)

竹生町のゲストハウス。

人が集まる、繋がる、笑顔になる空間

〒471-0077豊田市竹生町2-4-22

営業時間10:00~19:00

 

定休日毎週水曜日

とよた市民アートプロジェクト推進協議会事務局〒471-8501 豊田市西町3-60 豊田市役所南庁舎2階 豊田市生涯活躍部文化振興課内

Tel:0565-34-6631 Email:info@toyotaartprogram.jp